熊本県八代市の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)八代ステーション

八代ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】土曜日【電話番号】0120-43-5353 お問い合わせはこちら

ケアプランお役立て ヘルニア(鼠径ヘルニア)(消化器官の病気)KEiROW八代ステーション 

2018年08月27日

■放っておくと徐々に不快感が増す、脚の付け根の腫れ
ヘルニアとは、身体の組織が本来あるべき部位からはみ出した状態を言う。鼠径ヘルニアは、本来おなかの中にあるはずの腹膜や腸の一部が脚の付け根にある筋膜の間から皮膚の下に出てくる疾患のことで、一般的には「脱腸」と呼ばれている。初期の症状は、腹圧をかけたり、立ち上がったりしたときに脚の付け根がふくらむ。嵌頓(元に戻らないこと)した場合は急いで手術をしないと命にかかる場合がある。乳幼児はほとんどが先天的なものだが、40歳以上の発症では引っ越しや工場で重いものを運搬したり立ち仕事だったりと、職業によるところが大きい。便秘症の人、肥満の人、前立腺肥大症の人、せきをよくする人、妊婦も注意する必要がある。
■症状
【初期】●脚の付け根・下腹部の柔らかい腫れ(押すと引っ込む)
【中期】●脚の付け根・下腹部の不快感・違和感 ●痛み
【重度】●脚の付け根・下腹部の硬い腫れ(押しても引っ込まない) ●腹痛 ●吐き気 ●嘔吐
■治療法
〇手術 メッシュなどの人工物を体内に入れて、または自分の身体の組織を使って穴をふさぐ
   ※高齢者の場合は腹壁がもろいので手術せず、経過観察となることがある
高齢者には注意が必要です!
 ①ヘルニアは自然に治癒することはないので早めに治療を促す
 ② 高齢者では、手術後の予後がよくないことがあり経過観察をする

ケアプラン作成のツボ
今後の見通しと支援
 鼠径ヘルニアは、手術により完治しますが、手術方法によっては、再発することもあります。肥満などの発症の引き金となるものを取り除き、生活習慣を整えます。
日常生活の留意点
 〇 前立腺肥大など発症の原因となりそうな疾患は治療することが大切です
〇一般的に散歩などの軽い運動は、手術翌日から行うことができるので、習慣づけます
〇減量や禁煙をすすめます
〇重たいものをもつなど、腹圧を高めるような動作に注意します
〇食物繊維の多い食事などで、便秘の解消に努めます
〇適度な運動を生活の中に取り入れます
〇過度の筋肉トレーニングは逆効果となることがあり、医師と相談が必要です

医療連携のポイント
 原疾患の治療方針や留意点について相談・確認をします