熊本県八代市の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)八代ステーション

八代ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】土曜日【電話番号】0120-43-5353 お問い合わせはこちら

ケアプランお役立て 白癬(皮膚の病気)KEiROW八代ステーション

2018年08月04日

■水虫も爪白癬も、どちらも同じ菌による皮膚感染症
真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌(白癬菌)が皮膚に感染して起こる病気。病変の部位により、足白癬(水虫)、爪白癬(爪の水虫)、手白癬(手の水虫)、体部白癬(ゼニたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、頭部白癬(しらくも)、ケルスス禿瘡などに分類。皮膚科では比較的多い病気で、外来の患者さんの10~15%を占めます。白癬菌はじゅうたん、畳、寝具、足拭きマット、靴やスリッパなど、ありとあらゆるところに潜伏しているので、掃除や洗濯をまめにする。また、感染予防のため、枕・タオル・足ふきマット・スリッパなどは本人専用にし、共有しない。身体を清潔にし、とくに足の指の間はしっかり洗い、きちんと拭いてよく乾燥。温度・湿度が高い環境で繁殖が活発になるため、梅雨から夏はとくに注意が必要。
■症状
【足白癬】●激しいかゆみ●足の指の間が赤く腫れる●足裏に水疱ができる●足裏・かかとの角質が硬くなる                                                            【爪白癬】●爪が厚くなり、白濁する                                         【体部白癬】●赤い発疹ができ、輪状に広がる                                   【頭部白癬】●頭皮の炎症と脱毛。頭部白癬にステロイド薬を外用し重症化したのが、ケルズス禿瘡
■治療法
薬物療法:抗真菌薬、抗白癬剤
※角質増殖型足白癬、爪白癬、ケルズス禿瘡など、あるいは広範囲、難治性、再発性の症例では内服薬も使用
高齢者には注意が必要です!
症状が改善したからっといって自己判断で治療をやめない。菌がなくなるまで、医師の指示に従い治療を継続する

ケアプラン作成のツボ
今後の見通しと支援
 白癬があると、患部から別の細菌に感染しやすい。特に糖尿病の基礎疾患がある人は注意。
日常生活の留意点
〇白癬は感染するため、足の爪切り、スリッパや足拭きマットなどの共用は避ける。床もよく拭いて清潔を保つ
〇症状がなくなっても菌が角質内に残存していることがある。医師の指示に従い治療を継続すること、自己判断で止めないことが必要。
〇患部は石けんでよく洗い、清潔を保つ
〇足の通気性を良くする
医療連携のポイント
 医師の指示通りの通院や検査を継続
副作用・治療の影響
 爪白癬の内服薬は肝臓に負担がかかるため、内服中1か月に1回は肝機能の検査を行う